step2

6. 影用の文字に重ならないように、テキスト入力範囲を指定します。
次に、文字入れしたい色を選択して、影用の文字入力と同じように文字を入力してください。

7. 文字が入りました。テキスト入力範囲の枠が表示されている場合は、枠の外をクリックして選択を解除してください。
次に、選択ツール(点線四角)をクリックして、文字の外側をドラッグして範囲を選択してください。
選択範囲内の文字の上にカーソルを合わせると十字の矢印がでます。その矢印が出た状態で
ドラッグすると文字が移動しますので、影用の文字の上へ移動させてください。

8. 影用の文字の左少し上に文字をもってくると、影付き風の文字の出来上がりです!
選択枠の外側をクリックして、選択を解除してください。

影付き風の文字の位置を調節したい場合は、もう一度、文字を囲うようにドラッグして選択します。
さきほどと同じように十字の矢印が出たら、お好きな位置へ移動させてください。
(影用の文字と文字は一緒に移動します)

9. これで文字入れは完了です♪

次に保存作業に入りますが、その前に減色をしておきます。
減色をしないでそのまま保存するとあんまり綺麗に保存が出来なくなるので気をつけてくださいね。
1)画像を上書き保存します。
2)保存した画像(BMP)を「Padie」などの減色ソフトで減色してください。
 減色しすぎると綺麗に出来ないので調節しながらやって下さいね(^^)

「Padie」・・・このソフトはフリーソフトなので、Vectorなどのダウンロードサイトから簡単にダウンロードできます。
減色ソフトの使い方はソフトのヘルプをご覧になって下さいね。
  step1   step2   step3